いつまでも素肌が美しいっていいですよね

金髪の女性

ホウレイ線対策を始めます

歳を取るにつれて顔にはいろいろなエイジングサインが現われてきます。シミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴、ほうれい線など、どれも気になるものばかりです。これらのエイジングサインの中で女性がもっとも気にしているのは何とほうれい線なんだそうです。ある美容雑誌で読んだのですが、その雑誌でも美容のテーマで読者である女性から支持を集めているのはほうれい線特集なんだそうです。それだけほうれい線を気にしている女性が多いということなのでしょう。確かに、ほうれい線は気になるエイジングサインだと私もね思います。ほうれい線が顔にあるか、ないかだけでそのひとの見た目年齢は大きく変わってきます。ある調査によるとほうれい線が5mm伸びると見た目年齢が3,4才は上がってしまうそうです。また、女性を見て、そのひとのほうれい線で年齢を推測するというひとが多いようです。シワやシミ、肌のくすみではなく、ほうれい線でその女性の年齢を判断するひとが多いというのですから女性がほうれい線を気にするというのもうなずけます。こんなことを書いている女性のひとりである私自身もほうれい線は日ごろから気にしています。最近になってほうれい線が少し目立つようになって来てしまいました。私もそろそろ本気でアンチエイジングをした方が手遅れになる感じもしています。まずはリフトアップ効果のある美容クリームをつかいマッサージを始めようかと思っています。
く安全な治療をしてくれます!

気になっていた顔のほくろ除去

ほくろというのは時に人のチャームポイントにもなり得ますが、私にとってはただただ邪魔なだけでした。しかも顔に複数あり、色が白いため余計に目立ち、鏡を見るたびにうんざりしていました。そこで20代半ばの頃、思い切ってほくろ除去をしてみました。
この決断には本当に思い切りが必要でした。
まず、除去した部分は長く瘡蓋状になります。いかにも「ほくろが気になっていたのでとっている真っ最中です」と言っているようなものです。それが顔でしかも数箇所となると反って目立ち、好気の目で見られるのではないかという不安がありました。
また、タイミングも気になりました。学校や職場で毎日同じ人たちに顔を合わせている環境でほくろ除去をすると、その前後と過程まで、すべてを見られていることになります。コンプレックスなのに注目されたりしたらいたたまれません。
そこで私は、転職を機に引っ越しをする前に施術を受けました。一週間ほど休みがあったので、瘡蓋の濃い色が目立つ時期を誰にも会わないようにしたのです。それでも一ヵ月くらいはその部分が目立つ気がして、心が休まりませんでした。
そうして行った除去ですが、完全に消せたほくろはありません。値段を考えるともっとすっきりしたかったですが、小さくなったり目立たなくなったりしただけでも新天地での気持ちは全然違いました。皮膚の問題というより、気持ちの問題が軽くなった気がします。メイクも楽しくなりました。


安心してお手軽にほくろ除去を大阪で受けるなら【サクラアズクリニック】がオススメです!
クリニックに在籍している医師は全員女性なので、女性の方も安心して相談することができます。

クレンジングを変えてみようと思います

エイジングケアのひとつとして私は洗顔法を見直してみようかなと思っています。年を重ねるごとに肌の状態がやはり20代のころとは違って来ています。20代の若いころと比べて現在はとても乾燥しやすと肌になってしまったと感じています。これも肌に老化現象が出てきているためだと考えています。そろそろエイジング…

MORE

SUB MENU

TOP